ワインコラム
HOME > NZワインニュース

ホークスベイ・シラーがフランスの重鎮に勝利
中国で開催されたシラーのインターナショナル・ブラインド・テイスティングにおいて、ホークスベイがフランスを破りニュージーランドを勝利に導いた。

中国での比較試飲では3つのホーススベイ・シラーがトップ5に選出され、エレファント・ヒルのアイラヴァータ2009がフランスの重鎮を破り最高評価を受けた。

「今回の結果は、ホークスベイ・シラーが世界のプレミアム・シラー産地としての真の地位を築いたことを証明している」と、ホークスベイ・ワイングロワーズ・アソシエーション代表のマイケル・ヘンリー氏はコメント。

さらに同氏は「比較に貢献しただけではなく、フランスを正式に破った」と続けた。

10種類のシラー:ニュージーランドから5種類、フランスから5種類が、30名以上の中国のワインライターやインフルエンサー、バイヤーにより上海のニュージーランド貿易経済促進庁の施設「ニュージーランド・セントラル」にて審査された。

ホークスベイのシラーはセクシーで美味で高い価値を持っている」と、ニュージーランド航空のワインコンサルタントであるフォンジー・ウォーカー氏はコメント。

参加者は10種類のワインを好みの順に採点することが求められ、今回の結果は中国メディアではすでに大きな注目を集めている。

「今回のブラインド・テイスティングでは多くの興奮と議論を生んだ。それぞれのワインがベールを脱いだ時、ホークスベイのシラーがトップだったことにざわめきが起こった」と、ウォーカー氏。

ヘンリー氏は3年間の中国プログラムの一環として今回のイベントの代表を務めた。結果に興奮しており、中国での輸入量増加を予測している。

「今回のイベントは、ホークスベイ・シラーの驚くべき品質にハイライトを当てるための素晴らしい手段であり、我々にとって主要市場である中国での評価が何を意味するかということにも興奮を隠せない。一般的にフランスのシラーよりもはるかに手頃な価格で手に入るホークスベイのシラーが、中国で勝る可能性を秘めている」とヘンリー氏。

今回の訪中は北京と上海でのマスタークラスも含まれており、第2回はフランスとホークスベイのカベルネ・メルローブレンドのブラインド・比較テイスティングが北京で8月に予定されている。

<ニュースソース>
http://www.hawkesbay.co.nz/general/17942-hawke-s-bay-syrah-conquers-french-heavweights.html

06.06.2016

※このサイトの写真・文章を無断で転載、転送、複写することを固く禁じます。   
ギャラリー販売店様へ購入方法利用規約About Usリンク
ALL RIGHTS RESERVED by NZ-WINES.co.nz