ワインコラム
HOME > NZワインの魅力(コラム)
Column
第182回コラム [ 最新コラム ]
ベンディゴで昇華した、フランスのエスプリ
鈴木 一平
2017年10月掲載
Column
第181回コラム 
プホイ・マタカナ、グルメ街道を行く
利根川 志保
2017年9月掲載
Column
第180回コラム 
マールボロの自然派ワイナリー

山口 真也
2017年8月掲載
Column
第179回コラム 
クレヴドンのカルト・ワイン

細田 裕二
2017年7月掲載
ワインカントリー
もっとワインを知ろう!
メールマガジン会員専用コラム公開中です。
ニュージーランドワインに関係するいち早いイベント情報や、会員のみの特別コラムなどの情報を毎月月末にお届けしています。登録・解除はご自由にいつでも可能です。お気軽にご登録ください。
登録解除

NZワイン関係者募集
NZワイン産業に関係した仕事に就いている方や、ワイン関係の観光分野で働いている方を募集しています。日本からはなかなか見えない、NZワイン産業。そこで重要な役割を担っている方、ご自身を通じてNZワインをアピールしてみませんか?詳細は、info@nz-wines.co.nz までお気軽に、そして積極的にご連絡下さい。


静岡県出身。若くしてワインに魅かれ、長らく大阪で主にバーテンダーとして様々な飲食業界でワイン、スピリッツ等に関わる。ワイナリー巡りをライフワークとし訪れたワイナリーの数は世界のべ400以上にのぼる。目標は世界初のプロフェッショナル・ワイン・ドリンカー。ニュージーランドで栽培・醸造学を履修後、カリフォルニアのカーネロス地区、現在はオーストラリアのタスマニアと、冷涼な気候の産地のワイナリーで経験を積んでいる。ワインが日常の一部である暮らしが好き。国内外のワイン関連の資格多数。
子育て、親の介護を卒業し、目下、第2の青春を逆走暴走中。2010年9月に永住目的でNZ在住開始。ワインに関しては100パーセントの消費者です。学生としてナパ在住中は自称「ワイン愛飲学専攻」。ご招待を頂いた時以外は、高級ワインにはとんと縁はないですが、「皆勤賞」をもらえる程のワイン好き。食事とワインを片手に、友人たちとの時間を楽しむ事にかけては専門家です。ニュージーランド初心者の目で見たワインに関する発見と、ワインとKiwiの人たちの生活について、自己学習のつもりでのコラム投稿を企てています。
大阪出身、東京で10年弱働いたのち2014年にオークランドに移住。東京での多忙な日々をお酒を相棒に乗り切り、ワイン輸入業での勤務を通してワインの魅力に触れる。また、ニュージーランドの造り手との触れ合いを通し、飾らない日常にワインの文化が溶け込んでいるニュージーランドに興味を持つ。現在は永住権獲得を目標に調理師学校にも通い資格取得のために日々勉強中。映画鑑賞が唯一の趣味だったが新たにゴルフと釣り、家庭菜園にも挑戦中。
大学卒業後に就職した会社がワインのインポーターだったという偶然からワインが大好きに。以降ワインの世界にどっぷりとはまること十数年。ワーホリで行ったカナダのワイナリーで1年間働いた際にワイン造りに興味を覚える。ニュージーランドワインは以前から大好きでワイナリー巡りを目的に過去に3度来たこともあり、2014年にリンカーン大学でブドウ栽培・ワイン醸造学を修める。2015年の2月からクライストチャーチ郊外にあるワイナリーでセラー・ハンドとして勤務。趣味はワインを飲むことと美味しいものを食べること。そして旅行。
オークランド在住、東京出身。JSA認定ソムリエ。2013年まで都内でスパゲッティとワインのレストランを経営。オーナーシェフとして腕をふるうかたわら、ワインを気軽に呑んでもらえるように“わいんの入り口”と題したビギナー向けのセミナーなど、ワインをからめたイベントを開催。2014年、家族とともにニュージーランド移住を試みる。現在はオークランドにあるレストランでシェフとして働きながら、周辺のワイナリー巡りを楽しむ日々を過ごしている。
1999年にワーキングホリデーでニュージーランドを訪れ、数々のワインと出会いニュージーランドの虜に。日本に帰国後、美容職を経て2009年から移住。ウェリントン→ギズボーンと移りオークランドに定住。2回の出産を経てようやく我慢していたワインを楽しめるようになりました。休暇にはワイナリー巡りを楽しんでいます。大好きなニュージーランドの自然、匂い、人、最高のワイン達と共に幸せな日々を過ごしています。子育てをする主婦目線でニュージーランドの近況、自然、そして日常生活とワインの関わりを楽しくお伝えしていきます。
日本に住んでいた頃からヨーロッパワインは飲んでいたものの、1994年の渡航以来、先ずはニュージーランドワインの安くて美味しい事に魅せられ、その後再度オールドワールドやニューワールドワインに拡大してワインをappreciateしている。ただ消費するだけに終わらない様に必死にwine drinking culture の質を高めようと努力する毎日である。
今後10年でワイン生産が最も成長する国はどこかと思い、妻を説得し夫婦でニュージーランドへワーホリに。都会育ちゆえ山も畑もほとんど見たことがなく、初めての大自然での生活に悪戦苦闘しながらも、ワイナリーで働く充実した日々。前職ではワインショップ、レストランの立ち上げ、運営する会社に勤めていたので、作り手側と飲み手側、売り手側と買い手側双方の視点からニュージーランドのワインを学び楽しむことを目標にしています。
神奈川県出身。2003年5月にニュージーランドに初めて旅行で訪れた際にワインのおいしさに目覚め、以来特にニュージーランドワインのファンとなる。大学卒業後、東京で会社員として数年勤務したのち、2008年にワーキングホリデービザを取得してニュージーランドに渡航。語学学校を卒業後、憧れだったワイヘキ島のワイナリーで収穫作業を経験。将来の夢はニュージーランドの学校でワインについて学び、ニュージーランドのワイン業界で働くこと。趣味は映画鑑賞、読書、旅行、書道、写真。
高校より8年間、オークランドにて過ごす。大学時代よりニュージーランドの「ワインのある食卓」に興味を持ち、ニュージーランド在住期間はオークランド付近のワイナリーめぐりも。現在は日系化粧品雑貨関連の海外営業等の仕事を経て、2011年9月、株式会社フュージョンライフを設立、アボカドオイルNZ社のグローブブランドの日本輸入元となる。長年住んだニュージーランド愛の元、ニュージーランドの食やワインについて、少しでも日本の皆様に知っていただきたいと思い、コラムを書いています。
     
     
※このサイトの写真・文章を無断で転載、転送、複写することを固く禁じます。   
ギャラリー販売店様へ購入方法利用規約About Usリンク
ALL RIGHTS RESERVED by NZ-WINES.co.nz