ワインコラム
HOME > ワイン用語集
A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z
NZワイン全般ぶどうの種類ワイナリー/ワインカンパニーワインの種類
ワインの味とスタイルワイン料理産地醸造味の表現用具
Palate / パレット
味覚。味わい。口蓋や舌など、口内で感じる味。対語として、nose(鼻から感じる味、香り)がある。
Phylloxera Vastatrix / フィロキセラ
ぶどうの木につく寄生虫のこと。ブドウの根に住みつき、木のエキスを吸い取り、枯らせてしまう害虫。
Pinot Grigio / ピノ・グリージオ
白ワインのぶどう品種。Pinot Gris / ピノ・グリのイタリア語読み。
Pinot Gris / ピノ・グリ
辛口の白ワインになる品種。樽を使用せずにつくられるとさわやかでフルーティーなワインに、樽を使用したものは濃厚な味わいでスパイスの香りや薫煙香がするワインになる。南島のピノ・グリは、りんご、洋なしの香りのするものが多く、北島で作られたピノ・グリは、熟したもも、あんず、ときに蜂蜜のなどの香りと味がするものもある。ニュージーランドでのピノ・グリの生産は、過去数年で急増中。
Pinot Noir / ピノ・ノワール
辛口赤ワイン用品種。ライト・ボディからフル・ボディまで幅広く用いられる。ソフトでシルクのような滑らかさが舌の上に広がる。ニュージーランドで2番目にたくさん造られている品種で、いちご、ラズベリー、さくらんぼやプラムなどのフルーティーな香りが特徴的。マッシュルームや土などの複雑な香りが時間と共に形成されていく。シャルドネと同様、スパークリングワイン用に使われる品種。
Pinotage / ピノタージュ
ソフトでまろやかな辛口赤ワインになる品種。ピノ・ノワールとシンソーの交配種で、南アフリカ原産。現在、原産国とニュージーランド以外ではほとんど作られていない。カベルネ・ソーヴィニョンよりも渋みが少ないのが特徴で、フル・ボディのワイン用として、またライト・ボディのワイン用として、幅広く用いられてる。深みのある色とラズベリーの香り、リッチな舌触りが特徴的。時間の経過と共に燻煙香や粒コショウの香りが強くなっていく。
Platter / プラッター
チーズやパン、フルーツなど、ワインと合うつまみの盛り合わせ。
Plunging / プランジング
プランジャー(混ぜ棒)を使って手作業でタンク内の果汁などを混ぜ合わせること
Press / 圧搾機
ぶどうの皮を圧搾して、皮に残った果汁を絞り出す機械
Pumping Over / ポンプピング・オーヴァー
ポンプを使って赤ワインを混ぜること
 |  1 | 2 |
※このサイトの写真・文章を無断で転載、転送、複写することを固く禁じます。   
ギャラリー販売店様へ購入方法利用規約About Usリンク
ALL RIGHTS RESERVED by NZ-WINES.co.nz