NZ Wine Regions
ニュージーランドワイン地域情報
Hawke’s Bay
ホークス・ベイ
ホークス・ベイは、温暖な気候と豊かな日差しに恵まれたブドウ栽培にとって理想的な地域である。
NZ Wine Regions
ぶどう栽培地域情報
2019年
地域別
ぶどう栽培面積
[総面積]
38,680 ha

地域別ぶどう栽培面積 (Ha)

マールボロ
26,850
ホークス・ベイ
4,771
セントラル・オタゴ(ワイタキ)
1,942
カンタベリー/ノース・カンタベリー
1,383
ギズボーン
1,190
ネルソン
1,154
ワイララパ
983
オークランド
314
ノースランド
78
ワイカト/ベイ・オブ・プレンティ
15
ホークス・ベイはかつて、高品質なカルベネ、メルロー、シラー、シャルドネ、そして数多くの素晴らしいアロマティック白ワインを生み出したことによって国際的な評価を受けた。
暖かい気候によるブドウの長い生育期間は、デザートワインのスタイルにおける生産も可能にした。
充実したワインツーリズムトレイルは、様々なセラードアでの体験や定期的なフード・ワインフェスティバルの開催に役立っており、またアール・デコ建築の景観を楽しんだり(ネイピア市)や職人芸をも感じたりすることができる。
サブリージョン

コースタル・エリア
ホークス・ベイの広範囲に太平洋からなる海洋性気候の影響は及んでいるが、沿岸に直結している2つのブドウ生産地域では、温暖な気候とブドウの長い生育期間の影響が最も顕著に表れている。

エスク・リヴァー・ヴァレー地域北部に位置するベイ・ヴューや、南部のテ・アワンガの砂利土壌は、上質なシャルドネやピノ・ノワールを始めとする早生の赤ワインを生み出すことで、注目を浴びている。
ヒルサイド
テ・マタ・ピークの斜面に位置するハブロック・ノースのヴィンヤードは、1890年代からホークス・ベイの重要な地域であった。

つい最近には、ベイ・ヴューにヒルサイド・テラスが再建されたが、エスク・リヴァー・ヴァレー地域とマラエカカホに新しいヒルサイド・ヴィンヤードが建設される計画も進んでいる。

日当たりが良く、夜間は冷涼な空気から逃れられる丘陵斜面部分は、主にクラシックな赤ワイン用品種が植栽されている。
アーユルヴェイル・プレインズ
この地域の初期のワイナリーのいくつかは、商業ベースに最も近い地域で始まった。この地域には拡大植樹したコロキポやタラデレ、メアニーといったホークス・ベイでワイン造りが始まった歴史的な場所にも含まれている。 さらに内陸部には、ブリッジ・パ、ギムレット・グラヴェルズ、オヒチがある。

これらの地域は、低地のナガルーロロ川の経路が変化し、レッド・メタルと呼ばれる赤色金属や水はけの良い川床土壌、砂利質や石質のテラスが残されることによって、数千年にわたり形成された。 蓄熱と昼/夜の気温差、並びに水はけの良い土壌特性こそ、ホークス・ベイのワイナリーやヴィンヤードの多くが、メルロー、カベルネ・ソーヴィニョン、その他の赤ワイン品種をこの地域に植栽する理由である。
ワインスタイル&植樹データ
ホークス・ベイ 品種別植樹データ (ha)
赤ワイン用品種
1,414
- メルロー
(1,029)
- カベルネ・ソーヴィニヨン
(221)
- マルベック
(93)
- カベルネ・フラン
(71)
シャルドネ
1,030
ソーヴィニョン・ブラン
19,047
ピノ・グリ
432
シラー
330
ピノ・ノワール
2,590
赤ワインブレンド

ボルドー・ブレンドは最も成功したホークス・ベイのワインの一つであり、力強く、エレガントで長期熟成に向いている。メルロー主体のブレンドになることが多く、ふくよかでプラムの深さをワインに与えている。

シャルドネ

この地方の代表的な白ワイン品種。素晴らしい凝縮感を持った果実味と複雑さが特徴。ワインはフル・ボディで余韻が長いが、絶妙な酸と果実味とのバランスがある。

ソーヴィニヨン・ブラン

ふくよかでウェイトのある味わいが特徴。切れの良い酸味も持ち、樽発酵・樽熟成による複雑さを持ったワインスタイルも珍しくない。

ピノ・グリ

アロマティックで香辛料のニュアンス、熟れた果実らがバランス良く酸をまとったワインとなっている。品種特有の味わいとフレッシュさが特徴。

シラー

この地域特有の土壌特性とクローン選別より脚光を浴びている品種である。香り高く、エレガントで果実味豊富なワインは、しなやかなタンニンと長い余韻が特徴のワイン。

ピノ・ノワール

黎明期に粘土質土壌に植えられたピノ・ノワールは、主にスパークリングワイン用であった。近年20年以内に植樹された木は、内陸部の標高の高い場所に植えられ、土壌に適したクローンが選ばれ、高品質ワインを生み出している。 この地のピノ・ノワールはサクランボやベリー系果物、プラム、フローラルな香りを持ちながらもより食感的な味わいであり、柔らかくしなやかなタンニンは素晴らしくリッチなフレーバーを持つ。

その他の小生産品種

ヴィオニエやマルベック、テンプラニーニョなどのイタリアやスペイン系アロマティック品種がホークス・ベイでは良く育つと言われており、将来に期待を寄せられている。

地域データ
植樹面積
4,681 ha
国内生産割合
12%
気候条件と土壌
年間平均日照時間
2,188時間
年間平均降雨量
803mm
気候条件

日照量が多く、ブルゴーニュからボルドー間の気温と重なり、海洋性気候は夏の暑い日々と長い生長期間に作用する。 周囲の山々は風を遮る役割を担うが、それはいくつかの内陸部では霜のリスクもある。 冷涼で雨の多い天気は、時折ブドウの生長期において問題をもたらすこともあるが、水はけの良い土壌がその被害を軽減している。

土壌

4つの歴史的に重要な河川によって、ホークス・ベイはブドウ栽培やワインスタイルに重要なインパクトを生み出すのに、非常に理想的な土壌タイプとなっている。 川底土壌の上には高密度に植栽されている:その川底土壌のあるバヴロックは粘土層を覆うように砂利質ローム層がなっており、一方でヘイスティングは粘土質土壌が囲うように成り立っている。 レッド・メタルと乾燥地として有名な砂利質のギムレット・グラヴェルズは、注目すべき特徴を持っている;周囲の丘陵は粘土質と石灰岩がベースになっている。 ブリッジ・パは、ハレタウンガ平野の最も古い土壌を含んでいる。 これら土壌の特徴として、痩せた土地か、水はけの良い沖積層か、侵食された灰か、黄土か、下層の堆積物か、などはっきりとした違いがある。

過去10年間 地域別生産データ
地域別生産量(t) 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019
ノースランド 178 111 92 130 210 203 92 121 113 319
オークランド 1,325 1,464 1,220 789 1,392 824 1,267 934 787 1,585
ワイカト/ベイオブプレンティ 118 51 7 12 63 ND 18
ギズボーン 18,316 14,450 15,590 15,567 16,192 17,280 15,944 16,337 13,000 16,238
ホークス・ベイ 38,860 35,533 32,793 38,829 44,502 36,057 42,958 33,679 41,061 37,173
ワイララパ 3,942 3,598 4,271 4,798 5,743 3,559 5,049 3,822 4,592 4,390
マールボロ 182,658 244,893 188,648 251,630 329,571 233,182 323,290 302,396 313,038 305,467
ネルソン 5,963 7,854 6,129 7,777 10,494 6,777 10,028 8,540 9,120 12,370
カンタベリー/ノース・カンタベリー 5,870 9,485 7,079 8,348 10,962 5,395 12,170 8,240 11,157 8,534
セントラル・オタゴ 6,196 7,104 8,115 8,407 10,540 8,951 9,177 8,324 11,358 11,868
ワイタキ・ヴァレー 170 41
その他 19 48 50 159 363 16 3 579
統計合計 263,445 324,591 263,944 336,337 429,669 312,387 420,356 382,409 404,399 398,564
ソースは全てニュージーランドワイングロワーズの統計より
単位は全てトン