NZ Wine News
ニュージーランドワインニュース
ニュース一覧

アラ・ワインズ、イギリス初となる脱アルコールのマールボロ・ソーヴィニヨン・ブランを発表

ニュージーランドのワインブランド、アラ・ワインズはイギリス初となる、アルコールを除去したマールボロ・ソーヴィニヨン・ブランを発売した。 アラ・ゼロは、イギリスのソーヴィニヨン・ブラン購買客がニュージーランドで最も人気のブドウ品種をアルコール……続きを読む

26.07.2021

ヴァリ ピノ・ノワールが世界のトップテンに

世界中からのワインが出展されてのインターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)2021で、ニュージーランド産赤ワインの代表格とも言える、ピノ・ノワールがトップテンに選出された。セントラル・オタゴのヴァリ・ギブストン・ヴィンヤードのピノ・ノ……続きを読む

13.07.2021


二酸化炭素削減証明

2019年から気候変動はニュージーランドワイン生産者団体の環境戦略として重点項目だ。以来、同協会はワイン業界の健全性を示す指針として、気候変動に関する長期的な重要業績評価指標を持ち、気候変動への影響軽減のためのイニシアティブをいくつも開始さ……続きを読む

30.06.2021

収量大幅減の2021年ヴィンテージ

ニュージーランドワイングロワーズ(ニュージーランドワイン生産者団体)の発表によると、2021年ヴィンテージの収量は2015年以来の低収量のヴィンテージとなった。これは開花時期の降雨や霜、熟成期の暑く乾燥した天候が相俟って、2020年ヴィンテ……続きを読む

21.06.2021


ロイヤル・イースター・ショー・ワイン・アワーズ2021、トロフィー受賞ワイン発表

ロイヤル・イースター・ショー・ワイン・アワーズ2021 のトロフィー受賞ワインが5月最後の週末に発表され、トフ・フェヌア・アワ・シャルドネ2017がチャンピオン・ワイン・オブ・ザ・ショーに輝いた。 このアワードは1953年から開催されており……続きを読む

08.06.2021

マールボロのワイン労働者数は恒常的に不足、剪定時期には奔走必須

今シーズンのブドウ収穫は予測より少量となったことが判明し、マールボロのワイン業界は、来年の収穫人員確保が不可欠だとしている。しかし、国境閉鎖をしている現状では、ワイン業界の人手不足が大いに懸念されている。去年はワイン生産者にとり、困難な一年……続きを読む

31.05.2021


ホークス・ベイ、3年連続の傑出したヴィンテージを歓迎

ニュージーランドのプレミアムワイン産地であるホークス・ベイでは、「ほぼ完ぺきに近い生育条件」であったことから、3年連続で高品質なヴィンテージとなった。小さいながらも多面性を持ち、カベルネとシラーで有名なこの産地では11月に寒波に見舞われたも……続きを読む

17.05.2021

高級ワインが投資対象に

ニュージーランドのオークションハウス、Webb(ウェブ)で開催された高級ワインとウィスキーのオークションに参加した入札者は、会場入り口でペリエジョエのシャンパーニュでの出迎えを受けた。引き続いて、シャトー・マグドレーヌ、サンテミリオン グラ……続きを読む

05.05.2021


ローソンズ・ドライ・ヒルズがカーボン・ゼロ実現

マールボロのワイン会社、ローソンズ・ドライ・ヒルズがISO14064の必要条件を満たし、Toitū(訳注:政府所有の研究機関ランドケア・リサーチの100%子会社。各種環境サービスを提供している)より認証を取得した。温室効果ガス(GHG)の排……続きを読む

27.04.2021

親切心とワイン醸造

「親切心を持ってワインを作る」とはニュージーランのワイン・メーカー達へのこころの健康を促すことだ。 エヴァ・ペンパー氏の毎日は忙しい。ジャクソンズ・エステートでワイン・メーカーとして働きながら、自分の名前のワイン会社を昨年立ち上げた。 「収……続きを読む

19.04.2021


ヴィラマリア、初のオーガニック・ワイン・シリーズ発売

21年間に及ぶオーガニック栽培を経て、ヴィラマリアが「アースガーデン」の発売を発表した。同社初のオーガニック・ワイン・シリーズとなる。 アースガーデンは、サステイナブル製品の世界的需要に応えるべく生まれた。そして 2030年までに自社畑を1……続きを読む

06.04.2021

花形ワインメーカー、ネルソンへ移住

ジェームス・ヒ―リー氏はワイン業界に身を置いてもう40年以上の重鎮だ。クラウディ・ベイに移る前の最初の仕事は、もはや存在しないコーバン・ワインズでの品質管理だった。そこで彼はブドウ栽培の専門家アイヴァン・サザーランド氏と出会い、意気投合した……続きを読む

23.03.2021