NZ Wine Regions
ニュージーランドワイン地域情報
Wairarapa
ワイララパ
ワイララパ(マオリ語で輝く水を意味する)はコンパクトだが多様性溢れる地域で、数多くのブティック・ワイナリーが様々な品種を提供し、優れた品質のワインを生産している。
NZ Wine Regions
ぶどう栽培地域情報
2019年
地域別
ぶどう栽培面積
[総面積]
38,680 ha

地域別ぶどう栽培面積 (Ha)

マールボロ
26,850
ホークス・ベイ
4,771
セントラル・オタゴ(ワイタキ)
1,942
カンタベリー/ノース・カンタベリー
1,383
ギズボーン
1,190
ネルソン
1,154
ワイララパ
983
オークランド
314
ノースランド
78
ワイカト/ベイ・オブ・プレンティ
15
小規模な生産地域であるワイララパは、ニュージーランドのブドウ植樹地域のほんの3%であり、ワイン生産量の1%を占めている。
定評のあるピノ・ノワールやソーヴィニョン・ブラン、アロマティック品種、そしてスタイリッシュなシャルドネやシラー、デザートワインまでに渡る様々なスタイルや品種が栽培されている。

この地域の主要な3つのサブ・リージョンは、マーティンボロー、グラッドストーン、マスタートンだ。
これらのサブ・リージョンは似たような気候や土壌構造をしているが、その明瞭な味わいを探求するための性格には微妙な違いがある。

ワイララパの近代的なワインの歴史は、1970年代後半のドライ・リバーやマーティンボロー・ヴンヤード、アタ・ランギやチムニー(現在のマーグレイン)を含むマーティンボローの植栽から続いている。
サブリージョン

グラッドストーン
この地域最大の都市であるマスタートンのちょうど南に位置しているグラッドストーンのサブ・リージョンは、水はけの良い河岸段丘と冷涼な気候、さらには十分な日差しに恵まれている。

石だらけの泥壌土に含まれる粘土は、華やかなソーヴィニョン・ブランや印象的なアロマティック品種に加え、顕著なピノ・ノワールに非常に適している。
マーティンボロ
この絵に描いたような入植者が作った美しい村は、家族経営の生産者によって管理される小さなヴィンヤードに囲まれている。ブルゴーニュに似た気候と土壌特性を持つマーティンボロが、ワインの世界を轟かせているのは不思議なことではない。

水はけの良い土壌と涼しく乾燥した気候を誇るワイララパ最南のこのサブ・リージョンでは、定評のあるピノ・ノワールと鮮やかなソーヴィニョン・ブラン、そして華やかなアロマティック品種とシラーの全てが生産されている。
ワインスタイル&植樹データ
ワイララパ 品種別植樹データ (ha)
ピノ・ノワール
492
ソーヴィニョン・ブラン
324
アロマティック品種
94
- ピノ・グリ
(58)
- リースリング
(30)
- ゲヴュルツトラミネール
(3)
- ヴィオニエ
(3)
シラー
330
ピノ・ノワール

この地方のフラッグシップな赤ワイン用品種。フレーバーがリッチでセイヴォリー、香しくも骨太なキャラクターのワイン。ワイララパのピノ・ノワールはテクスチャーと深みが特徴。

ソーヴィニョン・ブラン

最も知られていないこの地方の秘宝と言われる品種。凝縮感があり、鮮やかな芳香、ミネラルとテクスチャーのバランスが秀逸なワイン。ハーブ系とトロピカル系果物の程良く相交わった味わいを持つ。

アロマティック品種

リースリングやピノ・グリ、ゲヴュルツトラミネールは、この地域で最も成功しているワイン。長い生育期によるレイト・ハーヴェストやボトリティス(貴腐)なども良く出来る。スタイリッシュなヴィオニエも高評価。

シラー

この地方で最高の品種としてあげられるシラーは、エレガントで香辛料のヒントを持つワイン。気候的に、カベルネやメルローの栽培よりも向いている。

地域データ
植樹面積
1,000ha
国内生産割合
3%
気候条件と土壌
年間平均日照時間
1,915時間
年間平均降雨量
979mm
気候条件

準海洋性気候であり、西側のタラルア・レンジによって保護されているが、荒々しい風にさらされている。
この地域では、冷涼な春と秋を迎え、中でも夏の日中は暑いが夜は冷え込む。
この素晴らしい気候は、長いブドウの生長期を促し、さらに強い個性や複雑味を加えている。
理想的な冬/春の降雨パターンと、長く乾燥した秋は、レイト・ハーヴェストと貴腐ワインの生産における優れた条件である。

土壌

ワイララパの土壌は、主に水はけの良い砂利質を覆うシルトローム層であり、いくつかの十字交差河川がある地域であるため、深さが15mにも及ぶ。 粘土質のローム層と石灰岩は中でも大きな特徴であり、ブドウ栽培者は品種と土壌の性質を調整するのに苦労している。 北から南に広がるマスタートンでは、砂利質河床に石灰岩が含まれ、グラッドストーンでは、より変動的なシルトローム層に所々粘土質の土地があり、さらにマーティンボロの浅い河川テラスと近隣のテ・ムナは、非常に魅力的な植栽地域とされている。

過去10年間 地域別生産データ
地域別生産量(t) 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019
ノースランド 178 111 92 130 210 203 92 121 113 319
オークランド 1,325 1,464 1,220 789 1,392 824 1,267 934 787 1,585
ワイカト/ベイオブプレンティ 118 51 7 12 63 ND 18
ギズボーン 18,316 14,450 15,590 15,567 16,192 17,280 15,944 16,337 13,000 16,238
ホークス・ベイ 38,860 35,533 32,793 38,829 44,502 36,057 42,958 33,679 41,061 37,173
ワイララパ 3,942 3,598 4,271 4,798 5,743 3,559 5,049 3,822 4,592 4,390
マールボロ 182,658 244,893 188,648 251,630 329,571 233,182 323,290 302,396 313,038 305,467
ネルソン 5,963 7,854 6,129 7,777 10,494 6,777 10,028 8,540 9,120 12,370
カンタベリー/ノース・カンタベリー 5,870 9,485 7,079 8,348 10,962 5,395 12,170 8,240 11,157 8,534
セントラル・オタゴ 6,196 7,104 8,115 8,407 10,540 8,951 9,177 8,324 11,358 11,868
ワイタキ・ヴァレー 170 41
その他 19 48 50 159 363 16 3 579
統計合計 263,445 324,591 263,944 336,337 429,669 312,387 420,356 382,409 404,399 398,564
ソースは全てニュージーランドワイングロワーズの統計より
単位は全てトン