NZ Wine Regions
ニュージーランドワイン地域情報
Auckland
オークランド
熱心なクロアチア人、レバノン人、英国のワインメーカーによって、1900年代初期に設立された、ニュージーランドで最も古いワイン生産地の1つである。
NZ Wine Regions
ぶどう栽培地域情報
2019年
地域別
ぶどう栽培面積
[総面積]
38,680 ha

地域別ぶどう栽培面積 (Ha)

マールボロ
26,850
ホークス・ベイ
4,771
セントラル・オタゴ(ワイタキ)
1,942
カンタベリー/ノース・カンタベリー
1,383
ギズボーン
1,190
ネルソン
1,154
ワイララパ
983
オークランド
314
ノースランド
78
ワイカト/ベイ・オブ・プレンティ
15
パイオニアとされた生産者:バビッチ、ブラコヴィッチ、コーバン、デリゲッツ、ノビロなどは長年に渡って賞賛され、重要な国際的評価を得た。
大きな都市であり多様性溢れるオークランドは、ニュージーランド最大のワイン会社があるだけでなく、高品質なワインを生産する数多くのブティック・ワイナリーが集まっている。

この地域のサブ・リージョンは、火山性・粘土質の土壌、温暖な海洋性気候によって成り立っているのに加えて、ニュージーランド最大の都市と隣接している。

ハウラキ湾に浮かぶワイヘケ島では、華やかなシラー、世界的に名高いシャルドネ、深みのあるカベルネ・ブレンド、芳香なアロマティック品種が生産されている。

オークランド西部は、国際的に定評のあるエレガントなシャルドネやスタイリッシュなメルローとして、有名な産地である。

オークランド北部の、著名なカベルネ・ブレンド、ピノ・グリ、シラーは、数多くの新たな赤色品種と共に醸造されており、大きな評価を得ている。
サブリージョン

ワイヘキ島
この絵に描いたように美しい島は、オークランド地域の境界線を定義すると共に、そのユニークなテロワールからワインが作られてる。

暖かく、乾燥した海洋性気候は、果実の力強さと品種の深さ、そして純度を促進させる。素晴らしいカベルネ・ブレンドで有名なこの島は、最近では情熱的なシラーやエレガントなシャルドネ、深みと果実味のあるモンテプルチアーノやプティ・ヴェルド、そして香り豊かなヴェオニエとピノ・グリのワインが評価されてきている。
西オークランド
最も歴史あるニュージーランドワインを生産する家族の多くは、100年近く前にこの地に定着した後もなお、この温暖で肥沃した地域を故郷と呼んでいる。

このサブ・リージョンのシャルドネやメルローの古木は、国際的に評価の高いスタイリッシュなワインをとなる果実を生み出していた。
マタカナ
オークランドから北に1時間程行くと素敵なうねりあるマタカナの丘陵があり、ワイン観光客を迎え入れる場所となっている。ブドウの木は比較的若いが、果実味のあるピノ・グリやシラー、カベルネ品種のワインを生み出している。気候は穏やかであるが、慎重な地域選択によって、素晴らしいボディと口当たりの良いワインを生み出している。
ワインスタイル&植樹データ
オークランド 品種別植樹データ (ha)
赤ワイン用品種
90
- メルロー
(43)
- カベルネ・ソーヴィニヨン
(26)
- カベルネ・フラン
(26)
シャルドネ
70
シラー
51
ピノ・グリ
36
赤ワイン用品種

スタイリッシュな赤ワインブレンドは、オークランド広域では幅広く造られている。メルローは一般的には粘土質の土壌が向くと言われており、エレガントで凝縮感があり、高価格帯のワインになる。

シャルドネ

様々なスタイルがあるが、やや重めで熟れた果実による南国果実の味わいに、フレッシュで酸とのバランスが良いワイン。クメウ・ワイナリーはこの品種の頂点に立っている。

シラー

非常に洗練されたスタイルのシラーがワイヘキ島からは造られている。香り豊かでエレガント、ピュアな果実味などはこの地域ならではのワインとなっている。

ピノ・グリ

オークランド全域で育てられているが、マタカナのピノ・グリが名声高い。フレッシュで程良いウェイトがあり、香辛料のヒント、石果果実や洋梨のアロマのバランス良い味わい。

地域データ
植樹面積
326 ha
国内生産割合
1%
気候条件と土壌
年間平均日照時間
2,060時間
年間平均降雨量
1,240mm
気候条件

1年を通して暖かく比較的湿度の高い気候であり、雨はほとんど冬の間に降る。
一般的に成功する要因は、良い土地選択としっかりとしたヴィンヤード管理にある。 オークランド地域では問題なくブドウは成熟するが、病気のリスクもある。

ハウラキ湾にあるワイヘキ島は、冷涼な海風が吹き、他の地域よりも暖かく乾燥している独特な気候に恵まれている。

土壌

オークランドの広大な火山活動の歴史によって、古代の岩盤とより近年の肥沃した土壌からなる。
数千年にわたって基盤が雨風によって風化され、主に粘土質土壌と砂岩層、風で運ばれたシルトが折り重なった土壌となっている。

全てのサブ・リージョンは大幅に異なり、一部の土壌では特に水はけが良いわけではないが、しっかりとした土地管理と慎重なクローン選択によって、多くのプレミアム・ワインの生産を可能にした。

過去10年間 地域別生産データ
地域別生産量(t) 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019
ノースランド 178 111 92 130 210 203 92 121 113 319
オークランド 1,325 1,464 1,220 789 1,392 824 1,267 934 787 1,585
ワイカト/ベイオブプレンティ 118 51 7 12 63 ND 18
ギズボーン 18,316 14,450 15,590 15,567 16,192 17,280 15,944 16,337 13,000 16,238
ホークス・ベイ 38,860 35,533 32,793 38,829 44,502 36,057 42,958 33,679 41,061 37,173
ワイララパ 3,942 3,598 4,271 4,798 5,743 3,559 5,049 3,822 4,592 4,390
マールボロ 182,658 244,893 188,648 251,630 329,571 233,182 323,290 302,396 313,038 305,467
ネルソン 5,963 7,854 6,129 7,777 10,494 6,777 10,028 8,540 9,120 12,370
カンタベリー/ノース・カンタベリー 5,870 9,485 7,079 8,348 10,962 5,395 12,170 8,240 11,157 8,534
セントラル・オタゴ 6,196 7,104 8,115 8,407 10,540 8,951 9,177 8,324 11,358 11,868
ワイタキ・ヴァレー 170 41
その他 19 48 50 159 363 16 3 579
統計合計 263,445 324,591 263,944 336,337 429,669 312,387 420,356 382,409 404,399 398,564
ソースは全てニュージーランドワイングロワーズの統計より
単位は全てトン