NZ Wine News
ニュージーランドワインニュース
ニュース一覧

新型コロナ禍にも拘らずワイン輸出増大

ニュージーランドのワイン輸出はコロナ禍の中にも関わらず継続しての増大傾向だ。自宅での飲酒とオンライン販売が需要に拍車をかけている。ニュージーランドワイン生産者協会の最新のワイン輸出額によると、6月30日末現在で、これまでの記録更新となる19……続きを読む

22.09.2020

ニュージーランド固有種の昆虫、ウェタの大好物はブドウのつぼみ

マールボロの東に位置するアワテレ・ヴァレーに生息するニュージーランド固有種の昆虫のウェタ(世界最大重量と言われる、コオロギのような形態の昆虫)がブドウのつぼみとその汁が大好物だ、と最近発表された調査報告書が報じている。 現地のブドウ栽培関係……続きを読む

24.08.2020


ワイン業界 次の収穫時には熟練労働者不足の危惧

時期収穫時は熟練労働者数の不足が懸念されているワイン業界では、コロナ後の状況の改善が見込めない場合はニュージーランド人のスキルアップは必須だと既に稀有し始めている。醸造家、現場マネージャー、醸造補助などの熟練労働者はマールボロでは年間を通じ……続きを読む

13.07.2020

ソーヴィニヨン・ブランの売り上げ絶好調

今年3月のニュージーランド・ワインの輸出額は驚嘆とも言える17%増となった。この絶好調からいくつかの疑問点が出て来た。急成長を引き起こした要因は?この成長が継続すると仮定すると、将来の需要に見合うだけの生産量の確保は可能であろうか。 今回の……続きを読む

15.06.2020


ブドウの絞りカスからハンド・サニタイザー作り

マールボロにある研究所のワイン関連研究の時期プロジェクトは廃棄物をハンド・サニタイザーにするというものだ。ニュージーランド企業・技術革新・雇用省(MBIE)は、ブラガード研究所(BRI)にブドウの絞りカスをハンド・サニタイザーに変換するパイ……続きを読む

08.06.2020

予想上回るマールボロでの収穫

収穫の時期が迫り、ワイン業界では今年の暖かめの気候に期待が寄せられてはいるが、一方力量を試される場合もあり得るので、油断はできない。 マールボロ・ヴィントナーズのブドウ栽培家のニック・ウィンター氏は、「ブドウ栽培には絶えず挑戦すべき課題が出……続きを読む

22.03.2020


世界初のアルコールゼロのマルボロ―・ソーヴィニヨン・ブラン

家族経営のギーセン・ワインは世界初となるアルコールを除去したマル―ボロー・ソーヴィニヨン・ブランの発売開始を発表した。世界中の舌の肥えたソーヴィニヨン・ブランの消費者がアルコール摂取ができない場合でも、ニュージーランドで人気を博す特有のブド……続きを読む

08.03.2020

マールボロのワインがアペラシオン・マールボロ・ワイン(AMW)として商標登録

大量生産のブレンドされたワインと差別化し、効果的な地域振興を目的に、高品質のワインメーカーで作るグループの新たな商標が登録された。現在、北アメリカ、ヨーロッパ、アジアでのアペラシオン商標登録された。「これは、国際的なアイコンとなったニュージ……続きを読む

25.11.2019


ソムリエがマールボロのワイナリーを最上位に選出

アメリカで初となるソムリエズ・チョイス・アワードが開催され、マールボロのワイナリーが出品した全てのワインにおいてメダルを受賞した。受賞した12個のメダルのうち、テ・パ・レンジが2つの金賞、9つの銀賞、1つの銅賞を受賞、同ワイナリーの商品ライ……続きを読む

17.11.2019

マールボロのワイナリー、観光客流入の準備へ

マールボロのヴィンヤードとワイナリーを代表するグループが観光客を呼び戻す準備を行っている。玄関口となる主要道路が復旧、活発に動いている。2016年11月にノースカンタベリーとマールボロを襲った地震はカイコウラへ続くステートハイウェイ1閉鎖と……続きを読む

03.02.2019


富裕層向けの雑誌でワイン・ツア―会社、最優秀賞授与

プライベート・ジェット、スーパーカー、金に糸目をつけない休暇が可能なリッチな方々向けのライフスタイルに特化する雑誌がある。リッチで無い層からすると非現実的な話に思えるが、実際にこれを参考に旅行計画をする人は存在するようだ。その雑誌はラクジュ……続きを読む

11.11.2018

マールボロのブドウ畑を3Dで見られるアプリ

ニュージーランドでは10人に7人がモバイル・デバイスを所有し、そのうちの64%がスマートフォン、33%がタブレットを、さらに、両方とも持っている人が25%以上いると言う。この数値は2012年と比べて5倍の伸びとなっている。この傾向はニュージ……続きを読む

09.07.2018