NZ Wine Regions
ニュージーランドワイン地域情報
North Otago
ノース・オタゴ
原住民であるマオリがテ・ワイタキ・オ・アイタキと呼ぶこの川は、彼らの祖先であるアオラキ族の涙を意味しています。
NZ Wine Regions
ぶどう栽培地域情報
2020年
地域別
ぶどう栽培面積
[総面積]
39,935 ha

地域別ぶどう栽培面積 (Ha)

マールボロ
27,808
ホークス・ベイ
5,034
セントラル・オタゴ(ワイタキ)
1,989
カンタベリー/ノース・カンタベリー
1,369
ギズボーン
1,191
ネルソン
1,102
ワイララパ
1,039
オークランド
319
ノースランド
71
ワイカト/ベイ・オブ・プレンティ
12
東側は涼しい南太平洋に、西側は南アルプスの高い峰に囲まれたワイタキは、ニュージーランド最高峰の山の1つであるアオラキ・マウントクックの水が流れ込む地域です。
南緯45度に位置するワイタキ・ヴァレーのブドウ畑は、ダントルーン村上の石灰岩から成る崖より75キロに渡って広がる地であり、ワイタキ川の南岸からオマラマの町まで続く。

このユニークなテロワールは、南太平洋から吹き付ける風と、南アルプスからの乾燥した空気が合わさっている。この地域は暑く乾燥した夏、寒い冬、長く乾燥した秋が特徴。

これらの気候特性は、ワイタキ石灰岩の複雑な地質と相俟って、独特のワインを生み出します。この地域の代表的な品種には、ピノ・ノワール、ピノ・グリ、リースリング、シャルドネ、ゲヴュルツトラミネールなどがある。これらのワインはテロワールが非常に特徴的で、品質、個性、ピュアリティの評価が急速に高まっている。
サブリージョン

ワインスタイル&植樹データ
ノース・オタゴ 品種別植樹データ (ha)
準備中
地域データ
植樹面積
1,958 ha
国内生産割合
5%
気候条件と土壌
年間平均日照時間
年間平均降雨量
気候条件

暑く乾燥した夏、寒い冬、長く乾燥した秋が特徴

土壌

ダントルーン村上の石灰岩から成る崖より75キロに渡って広がる

過去10年間 地域別生産データ
地域別生産量(t) 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019
ノースランド 178 111 92 130 210 203 92 121 113 319
オークランド 1,325 1,464 1,220 789 1,392 824 1,267 934 787 1,585
ワイカト/ベイオブプレンティ 118 51 7 12 63 ND 18
ギズボーン 18,316 14,450 15,590 15,567 16,192 17,280 15,944 16,337 13,000 16,238
ホークス・ベイ 38,860 35,533 32,793 38,829 44,502 36,057 42,958 33,679 41,061 37,173
ワイララパ 3,942 3,598 4,271 4,798 5,743 3,559 5,049 3,822 4,592 4,390
マールボロ 182,658 244,893 188,648 251,630 329,571 233,182 323,290 302,396 313,038 305,467
ネルソン 5,963 7,854 6,129 7,777 10,494 6,777 10,028 8,540 9,120 12,370
カンタベリー/ノース・カンタベリー 5,870 9,485 7,079 8,348 10,962 5,395 12,170 8,240 11,157 8,534
セントラル・オタゴ 6,196 7,104 8,115 8,407 10,540 8,951 9,177 8,324 11,358 11,868
ワイタキ・ヴァレー 170 41
その他 19 48 50 159 363 16 3 579
統計合計 263,445 324,591 263,944 336,337 429,669 312,387 420,356 382,409 404,399 398,564
ソースは全てニュージーランドワイングロワーズの統計より
単位は全てトン