NZ Wine Column
ニュージーランドワインコラム
第51回コラム(Jul/2007)
ワイン・ラベルのルールと読み方
Text: 加藤しずか/Shizuka Kato
加藤しずか

著者紹介

加藤しずか
Shizuka Kato

秋田県出身。日本では、岩手県雫石スキー場でスキー・インストラクターとして働く。そこでNZを行き来している人たちに出会い、NZを訪ねる。その後、クイーンズタウンの中華レストランでスーパーバイザーとして8年間勤務。2006年の収穫時期にパートタイムでワイン造りを経験し、ワインに興味を持つ。NZでワイン醸造学・栽培学専門学校を卒業後、現在はセントラル・オタゴ内ワイナリーのセラードアに勤務。ゴルフ、キャンピング、トレッキングなどスポーツを通して自然が豊なNZ生活を楽しんでいる。

この著者のコラムを読む

更に表示

ワインショップにワインを買いに行って、又はスーパーマーケットに行ったついでにワインを1本買うとき、皆さんはどのように選んでいますか?

店頭のワインには色々なラベルが貼られ、きれいに並べられています。そして、ボトルの裏には簡単な自己紹介が書かれたシールが貼ってあります。「私、満足な仕上がりで、どうですか?」とでも言うように、ドキドキしながらたくさんのワイン愛好者に手に取られ、買われるのを待っています。しかし、選び手としては、ワインの種類は沢山あるし、理想の人に出会い、見つけ出すのは、なかなか難しいものです。

すると、ワインのラベルが選ぶ際のポイントになります。そこで、今回はニュージーランドでワインのラベルに書かなければならないルールと、その内容を説明したいと思います。

ラベルには下記の要領でワインの情報が書かれています。

◆ゼラチン:動物の皮膚や骨から作られたものでアニマル・プロダクト/animal productと書かれている場合あり

◆アイシングラス/isinglass:雲母と呼ばれるもので魚から作られたもの

◆ミルク or カイゼン/casein:ミルクに大量に含まれるタンパク質

◆卵の白身/albumen, egg white

これらを混ぜ、余計な成分を沈殿させたあと取り除きます。これを澱下げと言います)

オークランド近くのワイへケ島にある、ストーニーリッジ・ヴィンヤードで作られている、

酸化防止剤はワインの質を保つためのものですので、ほとんどのワインに添加されています。その分量が多いと鼻につんときますのですぐ分かりますが、ワイン醸造家はその分量を最低限に抑え、ワインの味や香りに影響がないように心がけているので、安心してください。

これを参考にしていただけると、ちょっとワインを選ぶときの楽しみが増えるのではないでしょうか。自分の相性にあったワインたちにより多く出会えたらいいですね。

2007年7月掲載
SHARE