NZ Wine Column
ニュージーランドワインコラム

ヴィラマリア ホークス・ベイ ワイナリー訪問~ホークス・ベイで一番新しいワイナリー~

寺口信生

第212回コラム(Oct/2020)
ヴィラマリア ホークス・ベイ ワイナリー訪問~ホークス・ベイで一番新しいワイナリー~
Text: 寺口信生

1840年にはワインが瓶詰めされていたという記録があるほど、意外と長い歴史があるニュージーランドワイン。現在のニュージーランドスタイルは1980年代に……詳細を読む

ホークス・ベイ 2020年ヴィンテージ・レポート

寺口信生

第209回コラム(Jun/2020)
ホークス・ベイ 2020年ヴィンテージ・レポート
Text: 寺口信生

6月になり、忙しい収穫とワイン醸造も一段落しました。皆さん初めまして。寺口と申します。移住して3年、これからホークス・ベイの魅力を定期的にお伝えしてい……詳細を読む

Winegrowers’ Hub – 世界を繋ぐニュージーランド

鈴木一平

第207回コラム(Apr/2020)
Winegrowers’ Hub – 世界を繋ぐニュージーランド
Text: 鈴木一平

「ニュージーランドはいまや、“日本ワイン”のつくり手達が、最も気軽に研修にいける国である」 これは単に、ニュージーランドに日本人醸造家がひときわ多くい……詳細を読む


ネルソンのワイナリー

小倉絵美

第202回コラム(Aug/2019)
ネルソンのワイナリー
Text: 小倉絵美

ニュージーランドは水仙(Daffodils)が咲き始め日も徐々に長くなり楽しみにしていた春が近づいてきた予感がします。 私事ですが、5年半住んだクライ……詳細を読む

スキン・コンタクト・ワイン テイスティングの夕べ

和田咲子

第189回コラム(Apr/2018)
スキン・コンタクト・ワイン テイスティングの夕べ
Text: 和田咲子

今、食の世界ではスーパーヘルシーに向かって食材や調理方法が変化してきていますよね。もう10年は昔に成りますが、このオークランドのあるトップ・ファイン・……詳細を読む

コアなニュージーランドワイン ザ・変わり種リターンズ オタゴ編

鈴木一平

第184回コラム(Nov/2017)
コアなニュージーランドワイン ザ・変わり種リターンズ オタゴ編
Text: 鈴木一平

久しぶりにコラムを書いたついでに、今回の滞在で味わった日本で馴染みのないワインを少し御紹介したいと思います。前回のヴァン・ド・パイユも、すでにその予備……詳細を読む


ベンディゴで昇華した、フランスのエスプリ

鈴木一平

第182回コラム(Sep/2017)
ベンディゴで昇華した、フランスのエスプリ
Text: 鈴木一平

北半球ではヴィンテージが始まりを告げ、ニュージーランドでも春めいてきた日が多くなってきた季節。久方ぶりにのんびりとセントラル・オタゴをドライブしてきま……詳細を読む

KUSUDA WINESでの収穫お手伝い~怒涛の2017年~

小倉絵美

第178回コラム(May/2017)
KUSUDA WINESでの収穫お手伝い~怒涛の2017年~
Text: 小倉絵美

先日ニュージーランド航空主催のマスター・オブ・ワインとマスターソムリエが選ぶ「ニュージーランド産優良ワイン」(The 60 Finest Wines ……詳細を読む

ワインとワイナリーとオリーブオイル

山口真也

第176回コラム(Mar/2017)
ワインとワイナリーとオリーブオイル
Text: 山口真也

今ではどこの家庭にも欠かせなくなったオリーブオイル。みなさんは美味しいオリーブオイルを造っている国と言えばどこを思い浮かべますか?イタリア、ギリシャ、……詳細を読む


KUSUDA WINESでの収穫お手伝い

小倉絵美

第166回コラム(May/2016)
KUSUDA WINESでの収穫お手伝い
Text: 小倉絵美

今や知らない人が居ない程、世界で高い評価を集めているKUSUDA WINES。日本に居る頃から大好きでファースト・ヴィンテージの2002年を最初に今や……詳細を読む

小倉絵美

第155回コラム(Jun/2015)
2015ヴィンテージ
Text: 小倉絵美

2015年もあと残すところ半分。フランスやカリフォルニアなど北半球に位置するワイン産地はこれからブドウが急成長して9月頃には収穫開始!ということになり……詳細を読む

小倉絵美

第151回コラム(Feb/2015)
ニュージーランドの大学でのワイン造り
Text: 小倉絵美

ニュージーランドワインファンの皆様、はじめまして。今回初めてコラムを書かせて頂くことになりました。昨年2月からクライストチャーチにあるリンカーン大学で……詳細を読む


鈴木一平

第138回コラム(Jan/2014)
クラッシー・ニュージー・バブリー
Text: 鈴木一平

去る昨年9月17日、ソーヴィニヨンの聖地マールボロにおいて新たな動きがありました。といっても、かなりひっ~そりと、ですが。それがメトード・マールボロ/……詳細を読む

鈴木一平

第136回コラム(Nov/2013)
地球規模ならAll Year Round!
Text: 鈴木一平

さて、2013年の口開けとなるコラムはシャルドネから始めましたので、締めは当然?リースリングになるでしょう。ニュージーランドのリースリングといえば一昔……詳細を読む

鈴木一平

第133回コラム(Aug/2013)
シンデレラよ、何処へ行く?
Text: 鈴木一平

「ニュージーランドワインが日本において知名度を確立するにあたり、大きな功績を残したワインといえば?」この問いで名前が上がる銘柄は「○○・ベイ」をはじめ……詳細を読む